VIO脱毛の理想の形と必要な脱毛回数

MENU

VIO脱毛の回数は形(デザイン)によっても左右されます!

VIO脱毛の形と回数の関係は?

 

VIO脱毛が他の部位の脱毛と大きく違うのが「形を残す可能性がある」というところ。

 

実用性とオシャレを兼ねて、形を残してデザインすることがVIO脱毛の特徴の一つです。

 

I・Oラインは毛をなくしてしまう人が多いので、毛を残し形を整えることが多いVラインが主の話になります。

VIO脱毛で人気の形と照射回数は?

Vラインについては「形を残すか?ツルツルにするか?」で脱毛回数が大きく変わってきます。

 

まずは形を残す方で見ていきましょう。

形を残す場合は三角形が一番人気!

形を残す場合、最も定番なのが三角形(トライアングル)です。
最も自然に見える形なので、失敗がなく不動の人気を誇っています。

 

VIO脱毛定番の三角形

 

もう少しオシャレを意識したい!可愛い下着を楽しみたい!という人には、次のような形もオススメです。

 

オシャレさんに人気の形

 

可愛らしい卵形(オーバル)、大胆な下着や水着でも大丈夫なI型。
さらにオシャレな人はハートの形にする人もいたりしますよ。

 

毛を残すところ、残さないところで回数が変わる

毛を残すところは、薄くするところだけ照射の対象になります。

 

程度にもよりますが、薄くするだけならクリニックで1〜3回、エステサロンだと6-8回を目安にすると良いでしょう。

 

薄くするためには照射の際に全剃り、全照射を行う必要があります。
これは毛が数mm程度の状態にした方が、最も効率よく脱毛を行えるためです。

 

形を残すところの周囲1cm程度は、中心部よりもう少ししっかりと照射を行いましょう。
周辺がグラデーションになって自然な感じに見えますよ。

 

毛残さない部分、ツルツルの無毛にする場合

Vラインの毛を残す部分のまわり、またはVライン全部の毛をなくしてしまう場合は、クリニックの場合だと5-8回、エステサロンだと12回以上を目安にすると良いでしょう。

 

全部ツルツルのハイジニーナデザインにする場合は、脱毛効果の高いクリニックのレーザー脱毛がオススメです。

 

全部ツルツルが基本のI、Oラインについては、それぞれで必要な回数が異なります。

  • Iライン:クリニック10回以上、エステサロン18回以上
  • Oライン:クリニック8回以上、エステサロン12回以上

詳しくはこちらも参照してください。

 

>>Iラインの脱毛にかかる回数と知っておくべきポイント
>>Oラインの脱毛にかかる回数と知っておくべきポイント